映画『ピア~まちをつなぐもの~』公開記念「橘 和徳」トーク&ライブ!

本作の主題歌「この街で」を担当する橘 和徳がフォーラム八戸さんでトークと歌をお届けします。

会場 フォーラム八戸(公式ページはこちらです。
日時 5月11日(土)10:00の回上映後トーク&ライブ
チケット 4月27日(土)9:30より、フォーラム八戸窓口オンラインチケットにて販売開始。
料金 通常料金(各種招待券はご利用いただけません)

※前売鑑賞券をお持ちの方は、劇場窓口にて座席券との引き換えが必要です。

お得な前売鑑賞券(1300円)は、映画『ピア-まちをつなぐもの』公式サイトからご購入いただけます。

http://ue-shop.rs.shopserve.jp/SHOP/p-01.html

一昨年から全国各地で劇場公開され、また上映会も国内外で約700ヶ所で開催され、更に拡大を続けている映画『ケアニン~あなたでよかった~』。その製作スタッフが再び集まり製作した、在宅医療と介護をテーマにした映画『ピア~まちをつなぐもの~』の主題歌に橘和徳の「この街で」。

ストーリーは若手医師が悩みながらも懸命に在宅医療という高齢化社会の大きな課題に取り組んでいくという感動の物語。病気で倒れた父親の医院を継ぐために、大学病院を辞めざるを得なくなった若手医師の高橋雅人(細田善彦)は、父・圭蔵(升毅)の要望で渋々訪問診療も始めることになる。しかし大学で先端医療の研究を志していた雅人にとって、地域の患者やその家族たちの医療には、なかなか関心を持てないでいた。それに加えて医師としてのプライドもあり、ケアマネジャーの佐藤夏海(松本若菜)や介護福祉士など他の職種との連携も積極的にとらず、やがて地域医療の中で孤立していくようになる。そんな中、訪問診療に行ったある患者家族との出会いによって、雅人の医師としての考え方が大きく変わっていくことになるのだった・・・。
広々とした大地を感じさせる伸びやかな橘の歌声に乗せて、本作品に込めた願いが多くの人のもとへと広がっていく。

尚、本作は厚生労働省の推薦の他、日本医師会など多くの医療団体が協力として参加しており、在宅医療に関わる医師を中心に多職種の現場の取材を重ね、シナリオを練り上げていった。公開は4月よりヒューマントラストシネマ有楽町他、全国順次公開予定。



【キャスト】  細田善彦 松本若菜 川床明日香 竹井亮介 三津谷亮 金子なな子 戸塚純貴 尾美としのり 水野真紀 升毅

監督:綾部真弥  企画・原作・プロデュース:山国秀幸  脚本:藤村磨実也・山国秀幸  制作プロデューサー:長田安正
製作:映画「ピア」製作委員会 (ワンダーラボラトリー/アイ・ピー・アイ/ユナイテッドエンタテインメント/JR西日本コミュニケーショズ/エイチ・エム・プラス)
推薦:厚生労働省

映画の公式HP http://www.peer-movie.com/

橘 和徳

日本を代表する紙切り師 林家二楽が、酪農シンガーソングライター橘和徳の「家族写真」を題材にした紙切りストーリーの映像が公開。

岩手県葛巻町で酪農を営みながら兼業歌手として活躍するシンガーソングライター橘和徳。7月に発売され、話題を呼んでいる橘のニューシングル「家族写真」は、母と子の絆、家族の絆を歌ったハートウォーミングな楽曲に仕上がっている。
そのニューシングルが静かなブームを呼ぶ中、紙切り芸の達人、林家二楽がこの「家族写真」を題材に取り上げた公演の様子が公開された。

林家二楽は、寄席で行われる演芸の一つである「紙切り」の芸人。紙切りは、お客様からの注文に応え、ハサミと紙で当意即妙様々な形を切り出す芸で、二楽は2005年の国立演芸場花形演芸大賞金賞の他、様々な賞を受賞している。都内4箇所の寄席への出演を中心に、全国のホール寄席、学校寄席へも精力的に出演しており、2006年からは毎年7月にアメリカへ招聘され、紙切りを紹介している。自身の単独公演「二楽劇場」も定期的に行い、寄席演芸ファンの枠にとどまらない幅広いファンを獲得している。特に、有名なヒットソングに合わせて、一言も喋らずに音楽だけが流れる中、予め切った紙を黙々とOHPで投影し、歌詞の世界観を独自の解釈で発展させたストーリーを展開する、『紙切りストーリー』が話題だ。過去にも様々な曲をを題材に、通常の紙切り芸とはまた違った感動を呼んでいる。

その二楽が、今年8月1日に新橋・内幸町ホールで行なわれた「二楽劇場 第十六幕」の高座で、橘和徳の「家族写真」に合わせた紙切りストーリーを披露。満員の観客を感動で包んだ。
生命が宿った時からその子供とずっと一緒に過ごしているのが母親。その母が大切にしている一枚の家族写真を見ているシーンからストーリーはスタートする。都会で働くため親元を離れて行った息子。愛する人と出会い、やがて新しい「家族写真」が1枚増えていく。背景に牛が描かれた画像が橘和徳の住む岩手県の山郷を連想させてもくれながら、シンプルなストーリーで紙切りの中に「家族」を映し出し、大喝采を浴びた。

その高座を捉えた映像がこの度YouTubeに公開され、橘和徳の「家族写真」によりいっそう深く味わえると話題を呼んでいる。

▼YouTube動画
URL: https://www.youtube.com/watch?v=nfsRhz-B1SE
キャプチャ
橘和徳「家族写真」MV林家二楽 紙切りバージョンキャプチャ

【林家二楽コメント】
初めて曲を聴かせてもらった時に、橘さんの歌声と楽曲のメロディーから、自然と紙切りストーリーが浮かび上がってきました。心温まるこの楽曲に出逢えたことに感謝しております。

【橘 和徳コメント】
何度も聞いて何度も歌っている自分の曲なのに、映像を見たとき溢れる涙をこらえることができませんでした。
このような形でご一緒できたことが本当に幸せですし、心から感謝しています。

母と子の絆、家族の絆、そして日本の原風景。岩手県で酪農を営む橘和徳の歌の原点が詰ったセカンドシングル

「家族写真」

2nd SINGLE2018,7,18(水)RELEASE UPCY-5061 ¥1,700(税込) ¥1,574(税抜)

【お問い合わせ】

ユニバーサルミュージック合同会社Prime Music TEL 03-6406-3039 FAX 03-6406-3129

ハニカムエンタテインメントTEL : 019-613-5315(平日11:00~17:00) FAX : 019-613-5312

 

【橘和徳のNACK5レギュラー番組】
https://www.nack5.co.jp/program_1495.shtml?date=2018-06-14

☆タイトル:橘 和徳 フロンティアファーム~風と大地と~
☆放送日時:毎週木曜日 5:30~5:40(「NACK5時ラジ」内)
☆パーソナリティー:橘 和徳

日本初、岩手在住の現役酪農兼業シンガーがメジャーデビュー!
13ヘクタールの牧草地で、日夜40頭の乳牛を育てながら、
大切な人たちを元気づけるため歌うクリスタルボイスは、
どこまでも広がる青空を想わせます。
おでかけ前の朝、広々とした岩手の大地に誘う10分間です。