25
全日
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
7:30 PM 橘和徳&江崎とし子「La nuit de deux personnes」
橘和徳&江崎とし子「La nuit de deux personnes」
5月 25 @ 7:30 PM – 8:30 PM
2018ナイトミュージアム 概要 日時:平成30年5月25日(金) 開館9:30-閉館21:00(最終入館20:30) ◇ギャラリートーク 18:45-19:15企画展示室  ※観覧券が必要です。  当館学芸員が、企画展「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展」の作品について解説します。  ユニマットグループの創業者・高橋洋二氏のコレクションの中から、19-20世紀のフランス美術を中心に約100点をご紹介します。  観覧料:一般1,200円(1,000円) 高校生・学生700円(600円) 小学生・中学生500円(400円)※生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。( )内は、団体料金です。 ◇コンサート 19:30-20:30グランドギャラリー  ※鑑賞無料  Toshiko et Kazunori 「La nuit de deux personnes」 出演: 江崎とし子 橘 和徳   ・江崎とし子プロフィール 高校生時代より音楽創作を始め、地元で結成したバンドをきっかけに作詞・作曲とボーカルに本格的に取り組む。 アップテンポのポップスからゆったりとしたバラードまで曲調は幅広いが、その作品世界には日本の伝統的な情景・情感に基づく人の心の機微や愛情、さらには大いなるものへの崇敬の念がつねに息づく。 そんな楽曲を幅広い声域で詩を朗読するように丁寧に歌い上げるため、ライブでは涙を流す人が続出し、「デトックスライブ」と評されて幅広い年齢層から人気がある。 ソロ活動では本来のポップスに加え、近年は歌詞のないヴォーカライズ・パフォーマンスやクリスタルボウルの演奏も手がけ、作品世界はヒーリングやアンビエントなジャンルにまで及ぶ。 一方、国内のシンガーに楽曲を提供し、テレビCMや劇版、国内外商業施設向けの楽曲等も多数担当する。 アニメ「ポケットモンスター」の歴代シンガーであり、3作品に参加。 ボイストレーナーとして 後進の指導にもあたるなど、活動は多岐に渡る。 主な作品にアニメ「ポケットモンスター エンディングテーマ そこに空があるから」(ボーカルを担当)「スマイル」等。 楽曲提供アーティストに中孝介、臼澤みさき他。 現在、活動拠点をカナダに移し、 国境を超えた新たなアプローチに挑戦している。   ・橘 和徳プロフィール     朝6時。吐く息が凍るような日でも、橘 和徳は牛舎にいる。搾乳は朝夕2回。日中も、農場の仕事に精を出す。そして、広い農場やトラクターの中で歌う。自身の歌が最初に認められたのは、JA全国青年大会で歌って優勝した、25歳のときだ。これがきっかけとなり、歌う場に招かれることもあったが、「自分は酪農家だから」と、それ以上のことは考えていなかった。     転機が訪れたのは、昨年12月にOAされた「歌唱王2016」。決勝に残り、7位となった。妻とその母親から「出て欲しい」と請われての出場だった。その年の9月に岩手県を襲った台風10号で、妻の実家が被災。たいへんな状況なのに歌を歌っていていいのかと思ったが、母娘は熱心に勧める。「自分が歌うことで元気になれるなら」と、エントリーした。選んだ曲は、清水翔太の「花束のかわりにメロディーを」。妻の希望だった。     思い出の曲で予選を突破し、勝ち上がっていった。テレビに映し出されるためには、準決勝まで進まなければならない。「テレビに映らないと妻や母の期待に沿えないと思ったからか、準々決勝は今までにないくらい緊張しました」という。そして、「決勝に行けるとは思っていなかった。とも語る。     だが、「歌唱王2016」が、彼の人生を変えることに。伸びやかで澄んだ声が、たまたまOAを見ていた地元・岩手の音楽関係者の心をとらえた。広々とした大地を感じさせる彼の歌声は今後、どこまで広がっていくのだろうか。 ◇レストランパティオ 11:00-21:00(20:30ラストオーダー)  16:00より限定メニューが特別価格に! (価格は全て税込)  パスタ全種均一価格 800円  スペシャルチキンカレー(スープ・サラダ付)900円 ・各20食限定  企画展「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展」スペシャルメニュー(オードヴル・スープ・メイン・サラダ・パン又はライス・デザート・コーヒー)  2,160円 → 1,800円  パティオディナー (お魚料理/ハーフコース)  1,800円 → 1,600円 ◇岩手県交通 夜間直通バス運行  盛岡駅東口(10番) ⇔ 岩手県立美術館  所要時間10分 片道200円  盛岡駅発 ※16:30、17:30、18:15、19:0